薬で治療できる病気|発症してからじゃ遅い!ペットの薬は早期購入が必須!

薬で治療できる病気

薬と水

犬や猫が感染しやすい病気というのがフィラリア症という病気です。
この病気の感染源は蚊なのです。
フィラリア症に感染している犬や猫などの動物の血を吸った蚊が、それ以降刺す動物全てにフィラリアを侵入させます。
感染した動物の体内でフィラリアが成虫へと成長し、血中に産卵することでまたその血を吸った蚊が別の動物へ、とどんどん感染を拡大していくのです。
この感染症の厄介なところが、初期症状が現れにくい、ということなのです。
よって、体内では成長が進んでいき、咳や血尿をするようになった頃にはもう心臓などにも影響を及ぼしていて手遅れ、なんてこともあるのです。
しかし、このフィラリア症に感染した犬や猫に効く薬があるのです。
その薬は、体内に侵入したフィラリアの幼虫を駆除する効果と、感染予防にもなるのです。
人ですら蚊に刺されたことに気付かないくらいですから、ペットに迫っている蚊を全部防ごうなんてことは不可能です。
なので、蚊が繁殖しだす前に通販サイトで予防薬を購入しておくと、この感染症にかかる心配はないのです。

他にも、犬や猫に住み着くノミやマダニも駆除できる薬があります。
これらの害虫に刺されると痒みを引き起こし、掻きむしった傷口に菌が入り、悪化すると皮膚炎になることもあります。
もちろん、ノミやマダニは人への悪影響も及ぼすので、定期的に換気して、繁殖しやすい高温・高湿度な環境を作らない努力をすることも必要になってきます。